はじめての家づくり

初めての家づくりで何から始めたらよいか右も左も分からない状態でしたが、結果的には住宅メーカー選びが非常に重要でした。住宅メーカーによっては、低コストで建てられることを売りにしていたり、耐震を売りにしていたりするため自分の重要視してるところを売りにしているメーカーを選ぶ必要があります。実際にいくつかの住宅メーカーに足を運ぶことで、様々な営業さんに出会うことができます。また、住宅メーカーによっては、標準とオプションで金額が異なることが多いため、低コスト住宅を選ばれる方は注目すべきポイントです。注文住宅を選んだのですが、キッチンから浴室までの家事動線を重要視していました。しかし、家事動線を気にするあまり実際に想像していたよりも狭い間取りになってしまったり、コンセントがこの位置にあれば良かったと後悔しました。今思うと、もっと多くのモデルハウスに足を運んで同じ帖数の部屋をみたりすれば、後悔しなかったかと思います。実際に自分の思っていたような注文住宅を建てたとしても後悔は出てきてしまうものですので、少しでも後悔のないよう住宅メーカーの設計さんとお話したり、他の物件を参考にすることで少しでも満足できる家づくりが出来ることを祈っています。